セカンドライン抗がん剤1回目!晩御飯は娘が担当洗い物は私

セカンドライン抗がん剤1回目!晩御飯は娘が担当洗い物は私




それぞれの分担

先日晩御飯を娘がつくってくれた。
3色丼!美味しかったです。

ばぁばは、娘が作ると比較的食べる量が増える。

じぃじが帰国してからというもの、家事・買い物が大変になった。

いままでは洗い物をじぃじがしてくれていたし、スーパーへの買い物もじぃじがしてくれていた。

それが今は私や娘がやっている。
息子もたまに手伝ってくれている。

基本的には娘が晩御飯担当。
洗い物は私が担当。
ゴミ捨ては息子の担当。
洗濯物はばぁばの担当。

じぃじがいなくなってからじぃじのありがたさがしみじみ感じられる。

そして寂しい。

いままで喧嘩ばかりしていたけれど、やっぱり父親だなぁ…いなくなると寂しくて仕方がない。

ばぁばに昼間話し相手がいなくなって寂しいやろ?って聞くと、

「それが全然やねん!!びっくりやわ」と言っていた((´∀`))ケラケラ

じぃじがいなくなって私はこんなに寂しいのだから、ばぁばがいなくなったらどうなるのだろうと考えるだけでも怖い。

しばらくばぁばのことで泣くことはなかったのに、最近車の中で一人で泣いた。
ばぁばの腹痛が増えて、確実に悪化していることを目の当たりにすると、死期が近づいているのかもしれないという恐怖と悲しみから出た涙だと思う。

でも、考えを改めることにした。

いまはばぁば生きているから!
だから悲しむ必要がないやん!って。
ばぁばが死んだらめっちゃ悲しむことになるのは分かってるんやから、ならそのときに悲しめばいい。
今は悲しむ必要はない。

そう思うことにしました。

セカンドラインの抗がん剤1回目

セカンドラインは点滴での抗がん剤。

週に1回の点滴を3週間続ける。
そして1週間の休薬期間。

パクリタキセル+ラムシルマブ療法。

効き目が出るのは50%とのこと。

どうにかその50%に入りたい。

抗がん剤をした当日。

ばぁばの様子がおかしい。
ラインをちゃんと打つことも、電話をすることもできず、呂律が回っていなくて、フラフラになっていた。

私は「酔っ払ってるみたいやで」と言った。

病院に問い合わせをしてみると、「抗がん剤にアルコールが入っていますので、アルコールが弱い人は酔っぱらったような症状が出る人もいます。」って言われた。

ばぁばお酒弱くないんやけどなぁ…

少しづつ普通に戻っていき、2日ほどしてやっと正常になった。

やはりアルコールのせいなのかもしれない。

点滴をして5日が経ったけれど、腹痛は収まっていない。

もしかして抗がん剤が効いていないの??と、少し心配になってしまう。

次の抗がん剤は11/10です。

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ




コメントを残す