母、スキルス胃がん再発しました

母、スキルス胃がん再発しました




このタイトルで合ってるのかな?

だってばぁばはスキルス胃がんで、胃を全摘出しているんだから胃がんの再発ではないし、転移?になるのかな?

そのへんはよくわかりませんが、とにかく、癌が再発してしまいました。

スキルス胃がんの「5年生存率」がとても低いこと。
10%未満だったかな?

この病気に出会ってからどれほど怖い思いをしてきたことか。

2年前に手術が成功して、今後も大丈夫って思っていたのに。
悔しいけど、まだ負けてない。

まだあの憎い細胞と戦えるのでこれからも親子で頑張ります!!

9月の定期健診

9/9にCT検査を受けました。

9/9はばぁばのCT検査のみ。
結果は1週間後の9/16にということで診察はなし。

ばぁばと帰り道、お好み焼きを食べて帰宅。

9月16日検査結果

この日はじぃじと私も内科に受診。
ばぁばは外科。

じぃじと私の診察が終わり、次の予約表をもらうため内科に待機していたらばぁばからライン。

「また検査することになった」

このメッセージを見て、ドキっとした。
予定表はじぃじに任せて、すぐ内科へ移動。

どうしたん?って聞くと
「卵巣が腫れてるんやって、だからまた検査せなあかん。来週水曜に検査いれてもらったで」

って母が言う。

1週間も先やん!って思って、仕事早退させてもらうから最短で予約いれれる日にしようってことになり、看護師さんにもう一度確認してもらいました。

その結果、
2日後の金曜にエコー、MRI、
またその2日後にエコーとMRIとレントゲン、
その翌日にPET検査

という分割の検査に。

遠方に住んでいる身からすると1回で全部の検査をしてほしいと思うんだけれども、1日1回しかできないらしい。
体への負担かなにかなんだろうか…。

落ち込むばぁば。
ここ最近体調良くなかったからなぁ。。って。

先生からは下記のように言われたみたい。

「尿管が細くなっているのは卵巣あたりが炎症を起こして腫れてて、それで圧迫されているからかもしれない。
月経が上がっている人が卵巣の炎症を起こすこをはほとんど考えられない。
術後2年経っていて、再発する人が多い時期ですからねぇ。」

まだこの時は再発が確定したわけではないと+思考になろう!って励ましました。
いままだ悲しむことないやん、再発が確定してから悲しもう!って。

それでもやはり元気がないばぁば。

そんなばぁばにじぃじが、「気楽にいこうぜぇ~」って言いだして、あたしもばぁばも爆笑。

昔から楽観的な父なので、なるようになる!元気だし!って感じで励ましていました。

9月30日再発と水腎症について

3日間にわたり検査をして、その結果を9月30日にききにいきました。

まずは外科。

「色々検査をした結果、再発と考えられます。
PET検査をしてもらいましたが、〇〇さんの場合、光りにくい性質のがん細胞のようで、光っていないんですよねぇ。
でもエコーをみたらわかるようにここに黒い影があるんです。
3.5㎝ほどの大きさの腫瘍だとおもいます。
この腫瘍が尿管にくいこんでいて、尿管を圧迫している可能性があり、そのせいで水腎症になっています。
今後抗がん剤を再開していくことになると思うのですが、その場合、腎臓機能を正常に働かせてあげるためにも、尿管を広げる手術をしたいんです。
このまま放置していると腎臓がダメになってしまう。
1度腎臓がダメになると、もとにもどることはないので、いまのうちに手術をしましょう。

もし外から圧迫されて尿管が細くなっているのではなく、尿管そのものにがん細胞がある場合は尿管を取る手術になるとおもいます。

首にあったしこりはもうなくなっているようなんですよね。
いま触ってもなにもないし。なのでたぶん腫れていただけかな。大丈夫だとおもいます。」

先生は再発というけれど、私はその腫瘍かもしれないものは良性の可能性もあるのでは??と思って、その腫瘍を生検できないのかと聞きました。

「非常に癌の可能性が高いです。
手術から2年で、ちょうど再発する可能性が高い時期。
生検をするにもお腹を開かなくてはいけない、そしてその腫瘍の細胞を取ることで、細胞を散らばせてしまうかもしれない。
PET検査でも確実に光るものではないし、腹膜播種に関してはみつけにくいものなんです。

なのでまず尿管にステントを入れる手術をするときに尿管の細胞を取って検査にかけます。
尿管自体がガンになっているのかがそれでわかります。」

そういわれました。

なるべくはやめの手術がいいということですぐに泌尿器科に行って先生と話をすることに。
その先生も忙しいらしく、即日ではなく10/2に予約を入れてもらいました。

なんか全然スムーズじゃない。

混んでいるのだから仕方がないのはわかるんだけどなぁ…

片道1時間半かけて病院へいくので、こう何回も何回もいかないといけないのは出費もかさみます、時間もかかります。

10/2泌尿器科診察

10/2、会社を早退して病院へ。
この日は泌尿器科。

名前が呼ばれ中に入ると若い先生でした。
しっかりした口調で、説明も丁寧。

好印象な先生でした。
ばぁばも安心してた。

けど即日入院ではなく10/6に入院。手術の前日に入院することになりました。

「手術内容は、細くなっている尿管にステントを入れて通りをよくするもの。
尿管に癌細胞がないか確認するためにカメラで確認して、検査にもだします。
頻繁にある手術で成功率も高いものなので安心してください」

10/6も会社を早退して入院荷物をまとめて、病院へ。
手術は10/7。
退院は順調にいけば10/9。

母とお昼ご飯を食べて、すぐ帰ってこれるから、手術もうまくいくから大丈夫。そう励ましたけど、ばぁばは手術がイヤなんじゃなく、入院して家族と離れるのがイヤだと言う。

子供じゃないねんからぁ~と笑ってしまった笑

ばぁばも笑ながら泣いてた。70歳になってのホームシックです笑

ちょっと疲れたのでこの後のことはまたあさってに書きます(^^)/明日は仕事が休みなので母の病院へ。新しい抗がん剤治療が始まります。
そのこともまた書きますね。

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ




コメントを残す